ゲーム椅子エルゴヒューマン『WINcase』と『Curare』違いと効果は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム椅子エルゴヒューマン『WINcase』と『Curare』違いと効果は

出典 https://www.ergohuman.jp/

Ergohuman(エルゴヒューマン)は福岡県大川市に」ある家具の総合商社、関家具が商品開発したブランド。

人それぞれの体型・体格の違い、ワークスタイルの変化とユーザーの体にあった適応性を追求し、エルゴノミクス(人間工学)に基づいた高い機能性と操作性を見事に融合させることにより、より自然な座り心地を見事に実現した。

『WINcase』はこのエルゴヒューマン監修の元ゲーミングチェアの概念を変え理想のプレイスタイルを形にすることをコンセプトに展開しています。

今回は見た目がほぼ同じ『Curare』を購入したので『WINcase』との比較・何が違うかを検証します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

目次

1️⃣Ergohuman(エルゴヒューマン)『WINcase』の仕様・機能

2️⃣Ergohuman(エルゴヒューマン)『Curare』の仕様・機能

3️⃣『WINcase』と『Curare』の違いは?

4️⃣まとめ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Ergohuman(エルゴヒューマン)『WINcase』の仕様・機能

メーカー小売希望価格134,700円(税抜き)

2020年4月より 全4色 

< 製品仕様 >
外形寸法 : 幅720×奥行645×高さ1080-1290mm
座面高さ : 435-525mm
重  量 : 27.4kg
材  質 : 〇本体 / アルミニウム(ポリッシュ仕上げ、粉体塗装)・スチール・PP・ナイロンファイバー
       〇張り材 / ポリエステルメッシュ

 

<スパインサポート>

出典 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000049478.html

背中の動きに合わせてバックレストの「スパインサポート」が背骨をサポートします。座る方の体格や姿勢に合わせてプレイスタイルに合わせてスパインサポートを調節することができ、お好みの設定でゲームプレイが行えます。

〇スパインサポート調整段階:7段階

 

 

 

<フォームアシストアーム>

フォームアシストアームは「高さ調整」「上下角度調整」「左右角度調整」「アーム幅調整」の機能調整が可能です。プレイするゲームスタイルに合わせた緻密な機能設定を実現しています。

〇高さ調整:23段階(可動域70mm)
〇上下角度調整:5段階
​〇アーム幅調整:可動域15mm
〇左右角度調整:4段階

< 座面昇降 >

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<座面奥行調整>

<リクライニング>

 

座面右側のレバーでお好みの角度に設定が可能です。レバーを初期位置にスライドすると座面の角度の固定も可能です。

〇リクライニング調整:4段階

 

 

 

 

<収納式オットマン>

 

座面下に収納式オットマンを標準装備。脚を伸ばして、くつろいだ姿勢でのゲームプレイが可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

Ergohuman(エルゴヒューマン)『Curare』の仕様・機能

購入 2020年5月 (いつもモデルなのか不明です・・)

購入価格 訳あり品を格安にて購入(『WINcase』のなんと半額以下)

ガイコツの背骨のイメージが強いですよね・・

重量感もあり、座り心地は抜群です。

特に、ガイコツの部分を調節することで腰への負担がかなり軽減されました。

 

◎ この製品はホームページに掲載されていないので付属のマニュアルより抜粋

< 製品仕様 >
外形寸法 : 幅645×奥行650×高さ1075-1295mm
座面高さ : 445-535mm
重  量 : 21.45kg
材  質 : 〇本体 / アルミニウム(ポリッシュ仕上げ、粉体塗装)・スチール・PP・ナイロンファイバー
       〇張り材 / ポリエステルメッシュ

①シングルレバーコントロール

・座面高さ調整   ・バックレストの傾き調整、固定機能

②2種類のバックレストのテンション調整機能

③ランバーサポートポジション設定

④3Dアームレスト&座面奥行調整

⑤ライブモーションランバーサポート(自動追尾システム)

⑥5Dヘッドレスト

 

 

①シングルレバーコントロール 調節方法

②2種類のバックレストのテンション調整機能 調節方法

 

③ランバーサポートポジション設定 調節方法

 

④3Dアームレスト&座面奥行調整 調節方法

 

⑤ライブモーションランバーサポート 調節方法

 

⑥5Dヘッドレスト 調節方法

 

ランバーサポートポジション設定ガイド

 

『WINcase』と『Curare』の違いは?

ぱっと見は同じに見えますが、多く違うのは

(1)3Dアームの機構部分

『WINcase』はアームの半分が上下に稼働

 

 

 

 

(2)収納式オットマンの有無

 

『WINcase』には収納式のオットマン付属

 

 

 

 

(3)重量

 『WINcase』27.4kg

 『Curare』 21.45kg

『WINcase』は付属が多く、6kgも重いですね

 



まとめ 

Ergohuman(エルゴヒューマン)『WINcase』と『Curare』との違いを機能別に説明しました。

『Curare』の方もなかなかの機能で素晴らしい商品です。まだ1ヶ月も使用していないのでこれからさらに詳しくレビューできればと思います。

また、我が家にはエルゴヒューマン・プロも2台ありそれぞれ子供が使用しています。エルゴヒューマンの素晴らしさは十分に理解していますが、今後の新製品についても詳しくレポートする予定です。

今回購入したErgohuman(エルゴヒューマン)『Curare』でブログも頑張ろうと思います。

オットマンの機能のない『Curare』ですが、ルーフバルコニーで使っていたものに靴下をつけて利用してます・・

結構、イケてるでしょ?

また、今回格安で購入した方法はコメント頂いた方にはこっそり教えちゃいます。

それではまた! DIYでマンションをオシャレに変身!

 

 





 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。