高卒50歳を超えての転職は無謀か?年収700万円を獲得する裏技を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高卒50歳を超えての転職は無謀か?年収700万円を獲得する裏技を紹介!

高卒で50歳を超えてからの転職はかなり難しいのではと思っていませんか?

高卒、しかも50歳を超えてからの転職でもやり方を間違わなければ年収700万円以上が可能です。今回は実際の転職経験をもとに正社員で、しかも年収700万円超えを達成した方法をご紹介します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

目次

1️⃣高卒&50歳以上での転職は難しい?

2️⃣高卒&50歳以上で転職した時の給料は?

3️⃣高卒&50歳以上で転職する際の事前準備は?

4️⃣高卒&50歳以上で転職して高い年収にするための裏技は?

5️⃣まとめ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

高卒&50歳以上での転職は難しい?

私は55歳になってからの転職を経験しました。もちろん正社員希望での転職です。

しかし、いざ転職しようと思って転職サイトを見てもほとんどが大卒以上の募集で、高卒の条件で募集しているのはごく一部です。ハローワークからの紹介では年収300万前後の会社でも前向きにトライしたんですが、結局面接に行くとブラック企業に近い怪しい会社がほとんどでした。

やはり高卒、しかも50歳以上の高齢での転職は非常に厳しいと言えます。

 

高卒&50歳以上で転職した時の給料は?

ハローワークで給与条件を見て見ると条件の良いところで年収300万〜400万円、給与で見ると20万から30万円がいいところです。給与40万円以上もたまにありますが、経験が豊富な人対象の土木建築がメインでした(2014年の調査結果)。

 

高卒&50歳以上で転職する際の事前準備は?

結論から言うと、前職での実績や専門知識の習得、そして新しい会社でも通用する経験が必須となります。このことから、転職を考える前に最低でも下記の2点は必要不可欠です。

①今働いている会社でしっかりした実績を作っておく

②豊富な専門知識並びに十分な経験を積んでおく

 

高卒&50歳以上で転職して高い年収にするための裏技は?

ズバリ、結論から言うと初めから正社員として応募しないことです。

正社員で応募して入社できたとしても、あなたの実績も実力も面接官はわかりませんので会社の規定に合わせた給与が設定されてしまします。(かなり安い給与が設定されます)

このような失敗事例を何人も見てきたので断言できます。安い給与が設定されると希望する年収に到達するまでかなりの年月が必要となると思ってください。

結論としては正社員でなく、派遣社員として希望する企業に入社して自分の強みで実績を作る。

 



 

小さな実績を積み重ねることで、会社も一目置いてくれます。当然、色々と発言しても周りから尊重されるようになります。

数ヶ月間は辛抱して実績ができたところで契約社員として応募し、会社に認めてもらうこと。

私の場合は半年間は派遣社員として実績を積みました。この結果、派遣から契約社員にステップアップすることができました。

契約社員でも実績が作れると正社員としての推薦枠に入れてもらえますし、重要なプロジェクトでの成功体験があれば契約社員から半年もしないうちに正社員として試験を受けることが可能になります。

事実、私の場合は契約社員になって3ヶ月で正社員への試験を受けることに成功しました。正社員としての年収も実績をもとに計算されますので年収700万円程度は十分可能と言うわけです。

具体的に言うと、正社員になった時点での給与は約40万円、賞与を含めると約700万円の年収となりました(これは残業ゼロの場合の計算で、これとは別に当然残業代が付きます)。

なんと、派遣社員で入社した時の3倍の年収となりました。

現在でも毎年の人事考課があり、結果を出して年収がアップしています。

同期で初めから正社員で入社した人と比べても役2倍程度の差があります。

 



まとめ

結論として高卒、しかも50歳を超えてからの転職はかなり厳しいのが現実です。

何も考えずにとりあえず会社を辞めてから考えるわ!みたいな軽率な行動はNGです。会社を辞めたい、転職したいと思ったら必ず

①今働いている会社でしっかりした実績を作っておく

②豊富な専門知識並びに十分な経験を積んでおく

私の経験で申し訳ありません。

あとで後悔しない為にも、今のうちに十分考えて行動するようにお願いいたします。

・とりあえず転職サイトへ登録しておくことも重要です、良い案件があれば前向きに検討する価値がありますので・・

 



 





 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。