知らないと損!60歳〜64歳でもらえる年金とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知らないと損!60歳〜64歳でもらえる年金とは?

 

65歳にならなくても申請すれば60歳〜64歳でもらえる年金のことをご存知でしょうか?ここでは知らないと損をする『特別支給の老齢厚生年金』について、もらえる期間や金額、手続き方法について紹介いたします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

目次

1️⃣特別支給の老齢厚生年金とは?

2️⃣何歳からもらえる?

3️⃣もらえる金額は?

4️⃣65歳前に年金をもらうと損をする?

5️⃣手続き方法は?

6️⃣まとめ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

特別支給の老齢厚生年金とは?

・65歳よりも早く年金がもらえる例外的な年金制度

年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられた時、支給開始年齢を段階的にスムーズに引き上げるためのこの制度が設けられた。

支給される年金はサラリーマンや公務員がもらう老齢厚生年金の中の『報酬比例部分』が対象になります。

 

2️⃣受給の条件 ・ 何歳からもらえる?

「特別支給の老齢厚生年金」をもらうためには、次の5つの条件があります。

  • 男性の場合、1961年4月1日以前に生まれた
  • 女性の場合、1966年4月1日以前に生まれた
  • 老齢基礎年金の受給資格期間(10年)がある
  • 厚生年金保険等に1年以上加入していた
  • 60歳以上である

男性と女性では、支給開始年齢に差がつけられています

<対象>

  • 60歳
    【男性】1949年4月2日~1953年4月1日
    【女性】1954年4月2日~1958年4月1日
  • 61歳
    【男性】1953年4月2日~1955年4月1日
    【女性】1958年4月2日~1960年4月1日
  • 62歳
    【男性】1955年4月2日~1957年4月1日
    【女性】1960年4月2日~1962年4月1日
  • 63歳
    【男性】1957年4月2日~1959年4月1日
    【女性】1962年4月2日~1964年4月1日
  • 64歳
    【男性】1959年4月2日~1961年4月1日
    【女性】1964年4月2日~1966年4月1日

 

3️⃣もらえる金額は?

・その人が厚生年金に加入していた加入期間と報酬から計算される

よって、長く勤めて収入が多かった人と、中途退職した人では金額に差が出てきます。

ちなみに自営業だった人は「特別支給の老齢厚生年金」をもらう権利がありません。

・もらえる金額は「ねんきん定期便」の報酬比例配分の箇所で確認できます

*この事例では1,513,722円/年間が64歳から受給できます

 

4️⃣65歳前に年金をもらうと損をする?

・65歳前にもらっても損をすることはありません

 

5️⃣手続き方法は?

・必ず、自分から請求手続きをしなければいけません

・書類提出時に必要なものは住民票または戸籍謄本

・本人名義の通帳 、印鑑

 

6️⃣まとめ

・もらうのを忘れがちな年金の一覧です。

・これらは申請手続きが必要です。

受給対象になっておられる方は忘れずに申請したいですね。

 

今後とも役に立つ情報発信ができればと思います。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 





 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。